なぜ仕事を辞めたいなら3年目が最適なのか?の4つの理由を答えます

転職


  • 仕事を辞めたいけど、辛抱して続けてきた
  • 辞めたいと思い続けて、とりあえず3年経過しそう
  • 仕事を続けてきて、そろそろ他のことにも挑戦したくなった

こんな方の悩みに答えます。

こんにちは、フミです。

仕事を続けていくのってとても大変ですよね。会社に入社する前は「入ればなんとかなる」なんて思っていましたが、いざ入ってみると自分の思いもよらないことばかりで、理想とのギャップに苦しみます。

仕事を辞めたいと思いながらもなんとか働いている方は多いのではないでしょうか?

もし「会社を変えたい」「新しい職種に就きたい」などで転職を検討しているならば、入社して3年目の時期が最も転職しやすい時期となります。

この記事では「なぜ仕事辞めたいなら3年目が最適なのか?」という4つの理由について答えていきたいと思います。

なぜ仕事辞めたいなら3年目が最適なのか?

なぜ仕事辞めたいなら3年目が最適なのか?

最初に最も重要な部分を答えておきますが「なぜ仕事辞めたいなら3年目が最適なのか?」という結論としては、「第二新卒で転職できるから」が答えとなります。

第二新卒というのは、入社後3年以内に転職する若手社員のことを総称してそのように呼んでおり、

  • 基礎的なビジネスマナーを身につけてきている
  • まだ若い社員の為、他社の働き方に染まっておらず、柔軟な働き方ができる

このような理由から近年採用が高まっています。

また3年以内と若手であることから、経験やスキルが重視される傾向が低く、新卒時と同様に「ポテンシャル採用」で採用活動を進めることができます。

つまり、新卒時のミスマッチをもう一度やり直せる最後のチャンスということです。

ポイントとしては「入社3年以内」という部分で、4年目に突入してしまうとスキルや経験が求められてくるので、転職する難易度が上がり、自分のライバルが30代前後の中堅層になってしまいます。

仕事を辞めて、転職する気概があるのなら、この3年目という時期は最もチャンスがある時期と言えるでしょう。

3年目は第二新卒の中で最も優先的な待遇【経験やスキルがある】

3年目は第二新卒の中で最も優先的な待遇【経験やスキルがある】

さて、第二新卒枠で転職すると経験やスキルを求められる傾向が低いので、転職しやすいですよというお話をしましたね。

僕も新卒10ヶ月で退職して第二新卒枠で転職を果たしたのですが、大学の研究結果なども折り混ぜても全然転職することができたので、やはり体感としてもそれを実感しています。

で、サブタイトルの話ですが入社3年目の社員は「第二新卒での転職においては最強」です。

なぜなら経験やスキルがあまり求められない「第二新卒枠」において、最も経験やスキルを持っている存在が3年目社員だからです。

経験やスキルは重要視されないことは事実です。でも同じような条件の応募者が二人揃ってしまい、2年目の人と3年目の人で経験とスキルに差があったとしましょう。

この状態であなたが面接官だとしたら、どちらを採用しますか?

恐らく3年目の方が採用されやすいでしょう。

ですので、経験やスキルが重要視されない事実はあるものの、3年目の人達の培ってきたスキルや経験というのは大きな武器となるのです。

逆にこれが第二新卒枠を外れてしまうと、30代中堅層とのバトルになるので、経験とスキルが最も低い存在になってしまいます、ということを覚えておきましょうね。

3年目は第二新卒のデメリットを無くせる【早期退職の疑念】

3年目は第二新卒のデメリットを無くせる【早期退職の疑念】

次ですが、第二新卒枠は新卒時のミスマッチをなくせる最後のチャンスと言いましたが、多少デメリットも存在します。

それは「早期退職という観点で不審に思われる」ということです。

「仕事を早く辞めた、辞めないで次の職場で仕事が続くかどうかは実質関係ない」と心理学で研究結果が出ているそうですが、現実として早期退職は不審に思われる事実は存在します。

具体的に言うと、「書類選考率が著しく低くなる」とか「面接で執拗に次もすぐに辞めないか聞かれる」とかこういうことですね。

しかし3年目社員であればある程度継続して働いてきている為、他の第二新卒のライバルよりも「信頼感」が厚いです。

これは第二新卒で転職活動を進める際、内定率を向上させる最大の武器になるでしょう。

3年目は仕事の職種を変える最後のチャンスでもある

3年目は仕事の職種を変える最後のチャンスでもある

また3年目に第二新卒で転職するのは、自分の職種を変える最後のチャンスでもあります。

何回も言うのはしつこいですけど、3年を経過してしまうと、その道の経験・スキルが求められますよね。

第二新卒はポテンシャル採用が強い分、この3年目というタイミングが新しい職種に挑戦できる最後のチャンスなのです。

現状の職種に不満を感じていたり、もっと20代の内にこんなことをやってみたい!とか理由があるのなら、このタイミングが最も挑戦しやすい時期と言えるでしょう。

もう少し言い方を変えると、「やり直して遅れを取らずに挑戦できるラストチャンス」って感じですかね。別に何歳でも職種を変えることなんてできると思いますが、タイミングを逃すと遅れをとってしまいますからね。

第二新卒で転職する場合は「第二新卒で失敗しない為の完全マップ」が参考になるので、是非読んでみると良いでしょう。

でも異動できるなら異動をまず検討すること

最後にですが、3年目だと異動も可能なタイミングになってきていますよね。もし自分がやりたいこと・やってみたいことが異動することで叶うのであれば、転職という手間をかけずに異動するのが良いでしょう。

しかし転職した身から言わせてもらうと、転職して違う会社の働き方や雰囲気を味わうことは確実にあなたを成長させてくれるのも事実です。

なぜなら「自分の中の常識だと思っていたもの」「常識だと教えられてきたこと」などが全く違うものであることを感じることができ、価値観が大きく変わるからです。

仕事の考え方だけでなく、人間的にも柔軟な思考ができるようになりますよ。

僕は勢いで新卒10ヶ月で転職し、結果激務の企業に入ることになってしまいましたが、前職で働いていくよりかは幾分マシだったと思っています。

僕の言葉を鵜呑みにする必要はないですが、こういったこともあるんですよ〜ということを頭の中に入れておいて下さいね。

まとめ

ということで内容は以上です。

要点を整理すると、3年目で仕事を辞めるのが最適なのは、

  • 第二新卒採用を利用して転職可能であるから
  • その中でも経験とスキルを最もアピールできる存在であるから
  • 早期退職した人として、疑念を抱かれないから
  • 職種を変えることのできる最後のチャンスであるから

ってことですね。もし現状の仕事に不満や物足りなさを感じていて、「何か新しいことしたいな」と思っている方は、この機を逃さないようにしましょう。

プロフィール

Fumi


関東在住のFumi(フミ)です。 「人に役立つ情報を発信する」をモットーに、日々多彩な情報を発信していきます。

関連ブログ「ゆとり部