脳科学を利用したやる気を出す方法→ポイントは3点です

LIFE


  • 最近全然やる気が出ない
  • やる気が出る方法ってないの?
  • 脳科学の観点でやる気が出る方法を知りたい

こんな疑問に答えます。

こんにちは、フミです。

日々生活していると、やる気の出ない日、やる気のある日に別れますよね。

基本的にはそんなに偏りは出ないはずですが、これが偏って全くやる気の出ない日がずっと続く時もあります。

  • やる気が出る方法は気合だ!!
  • まずは行動することが大事!!
  • ポジティブ思考が重要!!

こんな詭弁ばかりネットでは出回っているので、ぶっちゃけ読んでいて「何これ…」としかなりません。

ですので今回の記事では、持論を展開するのではなく、現実的に脳科学を元にした『やる気を出す方法』を紹介したいと思います。

やる気を出すポイント① やる気はドーパミンによって決まる

さて皆さん、世の中には活発な人 活発でない人がいますよね。休日は趣味・旅行・副業に勤しむ人もいれば、反対に家でずっと寝ている人もいます。

何をするのも自由ですが、こういった何かをする『やる気』というものは何で差が出ると思いますか?

生まれつき? 環境? 性格? それもあると思いますが、科学的にいうと実は体内のドーパミン濃度で決まります。

ドーパミンとは・・・

ドーパミン(英: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。 運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。

つまり、体内のドーパミン濃度が高いと気持ちいい⇨幸福感の上昇 という事になります。

ですので「自分が何をしたいのかわからない」と思っている人は、「自分が何をしたいのかわからない→やる気がない→ドーパミン濃度が低い」という状態です。

まずはこの事実を覚えておきましょう。

やる気を出すポイント② ドーパミン濃度が低くなる理由

前項でドーパミン濃度か低いとやる気がでないというお話をしましたが、それではそもそもなぜ僕たちはドーパミン濃度が低い状態になっているのでしょうか?

もちろんこれにもしっかりと原因があるようです。

結論から言うと『短期的に得られる報酬』に気を取られ、依存した状態になっているから です。

人間ってすぐに『損か得か』『メリットがあるかないか』 損得勘定をする生き物ですよね。

自分にとって得になることだったり、気持ちのいいものは積極的にやろうと考えてしまいます。

ギャンブルなんかだと例えやすいです。ギャンブルをすればするほど負けるということはわかっているのに、あの快感が忘れられなくて辞めることができない。

恋愛でもそうですよね。デートして告白して付き合うに至るまでのドキドキ感は忘れられないものです。

このように何かをすることで報酬が生まれ、それが刺激に繋がるわけですが、この刺激には短期的に得られるモノと長期的に得られるモノの2種類があります。

短期的報酬とは今まさに例にあげたようなことです。ギャンブルであったりお酒やタバコもそうです。近年だとスマホゲーなんてのもこれに該当しますよね。

この短期的な報酬は、一時的には大量にドーパミンを分泌させ、快楽状態になりますが、その反動で脳内のドーパミン濃度が結果的に減少してしまい、また短期的報酬に手を伸ばしてしまうようです。いわゆる『中毒』という状態に陥ってしまい、負の連鎖が続きます。

一方で長期的報酬は、『長い間勉強して国家資格を取得した』とか『毎日死ぬほど練習して全国大会で優勝した』など、長期的な苦労の先で得た報酬のことです。

こういった時間・労力をかけて行ってきたものは、ドーパミンの濃度を減少させることなく、幸福感・満足感を得られることができます。

つまり、短期的な報酬にとらわれ過ぎるとやる気が喪失していき、長期的な報酬を目標にすればやる気を持続させることができるわけですね。

やる気を出すポイント③ 具体的にやる気が出るような行動は?

冒頭部分に戻りますが、じゃあやりたい仕事をみつける為にはどんな事をやっていけばいいのでしょうか。

ポイント①と②の部分で短期的な快楽に走るのは科学的にもよくないことが認識できましたよね。ですので長期的な目標を立てて行きましょうと言いたいところですが、その前にもう一つ認識しておいて欲しいことがあります。

それは「悪い習慣はすぐにはなくならないと理解すること」です。

人間の習慣というものは2ヶ月間程度はなくならないという結果もあるようで、いきなり長期目標を立てたとしても時間と労力をかけることができず、また短期的な報酬に手を伸ばしてしまうようです。

ですので、まずは短期的に得られる快楽というものを少しずつでも減らしていく努力をする。できるようになってきたら、長期的な目標を立ててそれにトライしてみましょう。

ぶっちゃけ自分がわくわくするものならなんでも構わないと思います。

  • 夏に向けてモテたいから筋トレをする
  • 副業で稼いで行きたいからプログラミングを勉強してみる
  • 将来的に転職したいから、セミナーやイベントに参加してみる

そういった何か新しいことに挑戦することで初めて得られるものがあります。

人脈だったり、スキルだったり、やりたいことに繋がるきっかけは様々あると思います。

そうやって試行錯誤していくうちに興味のあること・やりたいことが見つかるのではないでしょうか。

一見当たり前の事を言っているかとも思いますが、認識して行動するかしないかと言うのは結構な差が出てくると思っています。

ですので皆さん是非、すぐにでも短期的な報酬を制御することから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

内容は以上となります。かくいう私も昔は酒・タバコ・ギャンブルに溺れていましたが、最近はブログだったり副業の勉強だったりに集中できている気がします。

相変わらず働きたくはないんですが、『行動』することによってやりたいことだったり、新しい働き方を見つけていきたいものですね。

それでは。

プロフィール

Fumi


関東在住のFumi(フミ)です。 「人に役立つ情報を発信する」をモットーに、日々多彩な情報を発信していきます。

関連ブログ「ゆとり部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です